ACS2020, ARVO 2021で学会発表を行いました

国際眼科学会、The 7th Asia Cornea Society Biennial Scientific Meeting (ACS2020)とThe Association for Research in Vision and Ophthalmology annual meeting 2021(ARVO 2021)において、代表取締役の清水映輔、取締役の矢津啓之がプレゼンテーションを行いました。

ACS2020では「Challenge in the development of artificial intelligence to diagnose dry eye disease.」というタイトルで、ドライアイの診断AIの話題をお話いたしました。

ARVO 2021では清水が「Innovative artificial intelligence-based cataract diagnostic method uses a slit-lamp video recording device and multiple machine-learning.」というタイトルで、白内障の診断AIの話題をお話いたしました。

ARVO 2021では矢津が「Clinical Observation of Allergic Conjunctival Diseases with Portable and Recordable Slit-Lamp Device.」というタイトルで、発表を行いました。

ARVO 2021ではPaper sessionに選択され、Travel Grantに採択されました!

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store